提携事業所制度

つみきの会は、良質なABA療育を実施することを志す全国の事業所、クリニックを支援するため、提携事業所制度を設けています。現在、以下の事業所、クリニックがつみきの会と提携関係にあります。提携事業所はつみきの会のテキストを利用した療育を行ない、つみきの会・NOTIAの継続的なコンサルティングを受けるか、つみきの会認定ABA療育支援員の資格を取得したスタッフが療育に携わっています。

​提携事業所一覧

 

 

 

 

  • 児童発達支援事業所たけのこ
    〒779-0102 徳島県板野郡板野町川端字金泉寺東20-2
    http://takenoko2014.com/ 

 

  • 多機能型通所支援事業所 リーノ
    〒399-0701 長野県塩尻市広丘吉田50-7    

 

​提携料

  • 提携料は、療育従事者(集団保育を含む)20名未満の事業所で年5万円、20名以上の事業所で年8万円とさせていただきます。なお療育担当者の準会員としての入会金・年会費は1名分を無料に、2名目からは通常の半額とさせていただきます。

提携の申込

  • 提携を希望される事業所はつみきの会事務局(gate@tsumiki.org)までお申し込みください。その際、どのような体制でABA療育を行っていくのかが具体的にわかる資料をご提出いただきます。

  • 資料を検討させていただいたうえで問題がなければ、提携仮契約を締結させていただきます。仮契約締結後、提携料の振り込み、療育担当者の入会手続きを経て、必要なテキストを購入し、必要に応じて職員研修やコンサルティングの申込みをしていただきます。

職員研修

  • 提携事業所は、仮契約締結後半年以内に、療育担当者がつみきの会代表又はNOTIAコンサルタントによる初回研修を受けていただきます。初回研修後、特に問題が認められなければ、正式な提携契約を締結させていただきます。その後も最低2年に一度、ABAに関する継続研修を受けていただきます。

  • なお、事業所の療育担当者一名以上がつみきの会認定の「ABA療育支援員」(2016年4月新設予定)の資格を有する場合は、2回目以降の研修を免除します。

  • 初回研修は原則1回3時間とし、研修費用は代表の場合4万円、その他のコンサルタントの場合、3万円、プラス交通費・宿泊代等実費をいただきます。また実費とは別に、遠方料金(片道1時間半以上の場合、超過30分につき片道500円)をいただきます。

提携事業所の特典

  • 提携事業所は、提携契約(仮契約を含む)締結後、「つみきBOOK」「つみきプログラム」「発達障害児の支援に携わる人たちのためのABA入門」などつみきの会作成のテキストを必要部数購入し、それを療育事業に用いることができます。

  • 提携事業所は、つみきの会・(株)NOTIAによる職員研修・コンサルティングを他の事業所に優先して受けることができます。2回目以降の料金はNOTIA訪問コンサルティングの規定に準拠します。

  • 提携事業所は、つみきの会と提携し、つみきの会のテキストを療育に用いていること、つみきの会・(株)NOTIAから指導・支援を受けていることをHP等で謳うことができます。

活動報告

  • 提携事業所は、毎年年度末に所定の様式による活動報告を行って下さい。

非提携事業所へのお断り

  • 提携事業所以外の事業所等がつみきの会のテキストを用いて、事業として療育を行うことはご遠慮いただきます。

  • 事業所等に属する会員の皆様が、提携契約なしに、その所属する事業所等で用いることが推測できる冊数のテキストの大量購入を行うことは、今後はお断りいたします。

その他

  • この制度は、つみきの会のテキストを用いて、事業として療育を行う事業所等を対象とするものです。つみきの会の会員である医師、教員、臨床心理士、言語聴覚士等が、それぞれの職場で個人としてつみきの会のテキストを用いることはこれまでどおり、差し支えありません。

  • ただし療育関係の会員の皆様が、つみきの会のテキストを無断でコピーして、職場の同僚や顧客に頒布することはご遠慮ください(対応法について職場の理解を得るために、「つみきBOOK」の「基礎知識」の一部をコピーし、頒布することはかまいません)。

  • これらの規定は親会員が、ご自身のお子さんの療育に関わる人たちに配るために、必要冊数のテキストを購入したり、「つみきBOOK」の基礎知識部分の一部をコピーすることを妨げるものではありません。

資格取消要件

  • 以下の各号に当たる事項があるとつみきの会事務局が判断した場合は、資格を取り消します。

    • つみきの会の退会

    • つみきの会テキストの無断コピー頒布など、つみきの会の利益に相反する行為

    • その他、療育関係者としての倫理に著しく反する行為