• gate54

ABAと「わが家の桃太郎」の成長記 (3) 出会い

つみきの会に入会すると、附属DVDを購入できますね。

私、渋柿は、このDVDが大好きで、朝早起きして何度も見ました。

なかでも、音声模倣に4か月かかったという、男の子とお母さまのセラピーの様子がお気に入りです。

「ABAは、強化で、お菓子をあげたりするのが嫌だ」という方もおられます。

私たち家族は気にせずやっていますが、ABAは嫌だなという人の気持ちも分かります。


桃太郎、3歳1か月。

はじめてわが家に来てくれたのは、

セラピストの「すみれ先生」と、SVの「かえで先生」。

桃太郎のABAセラピーは、それまでは母親の「みかんさん」が、

つみきBOOKを読み、悩みながら、頑張ってくれていました。


セラピーでは、毎回ごほうびに食べものをあげたりはしなくて、

「かえで先生」は明るく元気に、なんども、高らかな声で褒めてくれます。

子どもだけでなく、ときより母親のことも褒めて、気持ちを高めてくれています。


「ごほうびにジュースはあげてもいいけど、ストローの先をこんなふうに指で折って、いちどにあまりたくさんは飲めないようにしておきます」。

なるほど。


「すみれ先生」は、強化子に「がちゃ」や、手作りの玩具を次々に繰り出してくれます。

そして、腕ブルブルとか、こちょこちょとか、「からだ遊び」。

「すみれ先生」の子どもへの触れ方、接し方が適切でとてもやさしい。


「何回やってもできなかったのに」と、みかんさんが言ったのは、

動作模倣の「ねんね」。

あたまの向きは、みかんさんの真似をして、同じ方向に傾けてくれますが、

両手を揃えて、かたむけた頬の側に添えることはしない、

右手を右の耳に、左手を左の耳に、あててしまう。


「かえで先生」のアドバイス。

まずはべつの習得済みの動作模倣をさせて、強化。

つぎに身体プロンプトをしっかり入れて、「ねんね」を成功させて、強化。

何度もくりかえす。

「右側より、左側の方が先にできそうですね」

そう見立てたら、まずは徹底的に左から。

エラーさせないように、身体プロンプトは素早く。

「その子によって違うんですけど、桃太郎君は早めの方がいいみたいです」

そんなことは、本を読んでいても気がつきませんね。

「身体プロンプトも、だんだん、腕を添えるくらいにして、減らしていきます」

そして。

こんなに何回もやるんですか? はい、こんなに何回も、集中してやるんです。



最後まで明るい雰囲気のまま、初回同行コンサルが終わりました。

はじめは独り言ばかりで、目はあわず、壁を見たり、横を向いたりばかりでしたが、

褒められて、桃太郎が誇らしい表情になる瞬間がありました。

「目がキラキラして可愛い」と、お二人の先生には、何度も言ってもらえました。


「すみれ先生」と「かえで先生」が、お二人で我が家に訪問され、桃太郎にセラピーをいただけるということは、

私たちの指名でもなく、偶然のことなのですが、

これが願ってもない出会いであったことは、疑いもありません。

とある講演でお聞きしたことですが、最近のABAは「洗練されています」。

ただ、素晴らしい本はあるのですが、一人で読んでいるだけでは難しいです。


百聞は一見にしかず。

私たちは悩み、不安で、傷ついてもいます。

定例会だけでもいい、

一人きりになることなく、ゆるやかにでも、

信頼できる誰かと、ずっと繋がっていたほうがいいと思います。

閲覧数:315回0件のコメント

最新記事

すべて表示

桃太郎は、つみきプログラム中級課題の「見せて」を頑張っています。 絵カードを見ている桃太郎に「見せて」といい、 こちらに裏側の白紙を向けたりしないで、 反対返して、きちんと絵の方を見せてくれたら強化する、 「他者視点」の課題です。 桃太郎は他者視点が苦手でした。 3歳、初級課題の頃は「前ならえ」の鏡面模倣で、両腕を後ろの背中方向に伸ばしてしまい、 なかなかできずに、癇癪を起こしました。 もっと前、

わが家はよくマクドナルドを利用します。 私、渋柿は「ビッグマック派」。 妻のみかんさんは、氷入りのゼロコーラを楽しみます。 桃太郎はナゲットが大好物ですが、外側の部分だけをぐるりと齧って、 あとは全部、はだかの肉にして残してしまいます。 私は食べ残しが許せないタイプの人間でしたが、 「お肉も少し食べようね」、と、 そのくらいのことは、穏やかに許せるように変わってきました。 親の切実な願いとしては、

春が待ち遠しい季節ですね。 私、渋柿は、桜よりも少し早い時期に咲く、梅の花が好きです。 そういえば、桃太郎が幼稚園に入園して、もうすぐ一年になります。 桃太郎は「なんでもそのうち自然にできるようになる子」ではありません。 でも、「根気強く、正しい仕方で教えていけば、できるようになる子」だと、 親の私たちが思えるようになりました。 「お名前は?」と訊かれたとき、「お名前は?」とオウム返しするのではな