• gate54

ABA療育支援員全国集会

5月8日、大阪ドーンセンターにて、つみきの会ABA療育支援員の全国集会を開きました。

今年は毎年お世話になっている関西学院大学の松見淳子名誉教授に加えて、株式会社エルチェシニアスーパーバイザーの近藤鮎子さんを特別ゲストにお招きしました。

近藤さんは主に発達支援センターや児童発達支援事業所で良質のABAを提供するための様々なご苦労について、とても生き生きと語って下さいました。私たちも「そうそう」と共感することが多く、まだまだお話を聞きたい気持ちを残しながら、あっという間に時間が過ぎてしまいました。(藤坂)


閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

桃太郎は、つみきプログラム中級課題の「見せて」を頑張っています。 絵カードを見ている桃太郎に「見せて」といい、 こちらに裏側の白紙を向けたりしないで、 反対返して、きちんと絵の方を見せてくれたら強化する、 「他者視点」の課題です。 桃太郎は他者視点が苦手でした。 3歳、初級課題の頃は「前ならえ」の鏡面模倣で、両腕を後ろの背中方向に伸ばしてしまい、 なかなかできずに、癇癪を起こしました。 もっと前、

4月17日(日)に行われた仙台定例会についてのご報告です。 昨年度に引き続き、新型コロナウイルス感染拡大のため、ZOOMでの定例会となりました。 参加者は3人という少人数でしたので、たっぷりと個別相談する時間が持て、充実した内容となりました。 個別相談では、食事やトイレの悩み、睡眠についてなど、さまざまな相談がありました。 藤坂代表からのアドバイスだけでなく、会員同士がアドバイスをし合うことがで話

会員の皆様、3月20日(日)に開催された新潟定例会についてご報告いたします。開催にあたっては新型コロナ感染予防対策をしっかり行いました。5家族8名の参加で、非会員の療育関係者の方も訪れました。この日はスキナー博士の誕生日。誕生日に合わせて昨年、BCBA(アメリカのABAの資格)を持つ方々が「世界行動分析デー」を作りました。どのような理念があるのか、日本の理事である田中桜子先生がズームで説明してくだ